キャッチャーフライ打ち方とコツ/野球ノック上達革命

キャッチャーフライ打ち方とコツ

フライの中でも最難関が『キャッチャーフライ』です。ノックが苦手な指導者で、キャッチャーフライが特に苦手だと言う人が多いのも仕方がありません。キャッチャーフライに関してはいきなりできるようになれるとは思えません。徐々に習得するよう練習していきます。

 

キャッチャーフライ打ち方とコツ/野球ノック上達革命

 

キャッチャーフライ概要

 

外野フライ、内野フライ、とトスの位置が近くなり、キャッチャーフライは最も顔に身体に近く、顔の正面上くらいになります。トスの位置が最も重要で、安定してあげられるようにします。頭の上に高いトスを上げるのがポイントで、下からバットを入れやすくなります。逆に低いとスイングは窮屈になってしまいます。

 

上に高くトスをして、バットは真下から上にスイングします。トスが前目だと内野フライに近くなり、体に近いと真上から後ろ側に飛びます。トスをしてから上体を倒してボールを下から覗き込むようにします。そうすれば間を持って余裕が生まれます。

 

キャッチャーフライは難しいので、どうしてもできなければ手で投げるのも1つの方法です。手で投げるコツは、しっかり右足に体重を乗せてから投げる事です。

 

キャッチャーフライの練習は、外野フライからトスを徐々に近付けていく方法です。外野フライができたら内野フライ、内野フライができたら、だんだん真上に上がるように練習していきます。

 

キャッチャーフライ打ち方とコツ/野球ノック上達革命

 

キャッチャーフライのレビュー

 

やっぱりという感じですが、キャッチャーフライは難しい技術なんですね。実技の前田氏はいとも簡単に軽く打っていますが、これは相当練習しないと難しいでしょう。前田氏本人もそれは分かっていて、いきなりキャッチャーフライができなければ、外野フライから徐々に練習するようにとお話ししています。

 

キャッチャーフライが打てる技術が習得できれば、ノックに必要な技術はすべて網羅できるいっても良いかもしれません。ここまでくれば、後は打ち分けの技術と選手を乗せる技術ですね!

関連ページ

トスの上げ方
ノックは指導者によってイロイロとやり方がありますが、上手にできない人の原因として、トスの安定感があります。野球ノック上達革命の動画内容で、ノックの基礎知識の1つ目は『トス』についてです。
バットの握り方
ノックの基本として『トス』の次は『バットの握り方』です。トスはポイントがたくさんあったのですが、バットの握り方はポイントが限られているので、すぐに覚えられると思います。
下半身の使い方
ノックの基礎知識『トス』『バットの握り方』ときて、次は『下半身の使い方』です。体重移動や重心の掛け方など、下半身の使い方は少しコツが必要です。
バットの軌道
ノックの基礎知識の次は、ノックの打ち方として『バットの軌道』です。ノック用のバットは通常のバットよりも先端が重く作られていて遠心力が効きます。これを利用する方法を習得します。
外野フライ打ち方とコツ
ノックの基礎知識を習得し、実践的なノックの打ち方に入ってきました。『バットの軌道』の次はいよいよ『外野フライ』です。打球が飛ばずに外野フライが打てない指導者の悩みを解消。
「ノックがチームを強化する」Disk1の対談
Disk1の対談の最後には初芝清氏と前田忠節氏の対談が収録されています。この対談ではノックに対して奥深い話をしていますが、指導者としての難しさと喜びを感じる事ができます。
内野フライ打ち方とコツ
実践的なノックの技術として『内野フライ』になります。『内野フライは』外野フライと少し異なり、トスの位置や体重移動が変わってきます。ただし、軽く打つと言う事は共通してます。
シートノックやり方とコツ
ノックの実践的な技術『シーノック』になります。シートノックになるとノックの技術と言うよりも選手を上達させる技術になります。優秀な内野手の育成に直接関係する技術です。
声出しの仕方
ノック上達の心得としての『声出しの仕方』です。短いセクションですが、とても重要な事を話しています。これはもう、指導者としての資質とレベルの話になってくるので、是非ご覧になって考えて頂きたい内容です。
ノックの精度を磨く
『ノックの精度を磨く』のセクションは短いセクションです。選手では無いので練習ドリル的な事ではなく、これまでのノックの技術を練習する事で習得に至らせる事が目的です。
『基本から応用へ』Disk2の対談
ついに終盤のDisk2の対談です。初芝清氏と前田忠節氏が、ノックの基礎技術の大切さと応用についての事、ノックバットの3種類用意し、経常の違いとその特徴を解説しています。またノックバットを使いこなす重要性も話しています。