キャッチャーフライが苦手・野球ノック上達革命DVD

少年野球や野球部の指導者にはノックが苦手な人がたくさんいます。更にフライが苦手な人が多く、更に更にキャッチャーフライがまったく打てない人はたくさんいるのです。

 

キャッチャーフライが苦手・野球ノック上達革命DVD

 

たくさん練習しても無駄

 

キャッチャーフライを打つのが苦手で、たくさん練習しているかもしれません。そんな人はどうでしょうか?上達したでしょうか?上達したのであれば、それで大丈夫です。しかし、思うように上達しないのであれば、ちょっと立ち止まってみましょう。

 

実は、バッティングとノックは別の技術です。別の技術なので、バッティングの延長と考えて練習しても上達しません。むしろ、悪癖の原因にもなってしまいます。正しい技術を知って効率よく練習して下さい。

 

キャッチャーフライにはコツがある

 

キャッチャーフライを苦手にしている人はとても多いのですが、それはコツがつかめていないからです。キャッチャーフライには重要なコツがあります。このコツを掴んでしまうと簡単に高いフライが上がるようになります。

 

軟式と硬式で違う

 

ちょっと混乱しそうなのですが、軟式と硬式ではキャッチャーフライのコツが異なります。基本は同じなのですが、少しやり方を変えた方がより簡単に球が上がります。

 

キャッチャーフライの要素

 

キャッチャーフライには3つの重要な要素があります。この3つをしっかりと抑える事がとても重要です。特にフォームが分からない人が多いようですが、それは教材のお手本を見れば一目瞭然です。コツを掴んでしまうと、すごく簡単に感じますよ。