バットの軌道/野球ノック上達革命

バットの軌道

ノックの基礎知識の次は、ノックの打ち方として『バットの軌道』です。ノック用のバットは通常のバットよりも先端が重く作られていて遠心力が効きます。これを利用する方法を習得します。

 

バットの軌道/野球ノック上達革命

 

バットの軌道の概要

 

ノックのバットの良い軌道は、身体の近くを通り、ヘッドが立ち、前を大きく使う。逆に悪い軌道は、身体に近すぎたり、遠すぎたり。近すぎる場合は打球がスライスしてしまいます。遠すぎる場合はヘッドをかぶせに行かなくてはいけません。

 

覚えるべきボールの回転は2種類で、バットを切る感じでボールの下を打つ場合、逆にボールの上を打つ場合があります。低めのボールは、トスも低めに上げます。高いバウンドを打つ場合は、しっかりと上からたたき付けます。

 

ノックバットはグリップが細く、先端が重く作られています。この重みを利用する事で良い打球が打てます。力任せに打つわけでは無く、先端の重みが生む遠心力でヘッドをまわします。腕でまわさずに腰でまわせば、バットは勝手についてくるイメージです。

 

インパクト後は、左手リードで前に投げ出すイメージです。ここで右手を使ってしまうとこねてしまいます。

 

バットの軌道/野球ノック上達革命

 

バットの軌道のレビュー

 

『バットの軌道』は、ノックの打ち方としてノックの実践に入ってきました。とても興味深い内容で、何故バッティングとノックノ技術が別物なのかが良くわかります。軌道自体はバッティングに近いのですが、バットの使い方は全く異なりますね。

 

だから、ノックの達人は長い時間ノックしても疲れないんですね。年配の監督さんがノックをしているのを見かけますが、遠心力を上手く使って力はほとんど使っていないんですね。納得!

関連ページ

トスの上げ方
ノックは指導者によってイロイロとやり方がありますが、上手にできない人の原因として、トスの安定感があります。野球ノック上達革命の動画内容で、ノックの基礎知識の1つ目は『トス』についてです。
バットの握り方
ノックの基本として『トス』の次は『バットの握り方』です。トスはポイントがたくさんあったのですが、バットの握り方はポイントが限られているので、すぐに覚えられると思います。
下半身の使い方
ノックの基礎知識『トス』『バットの握り方』ときて、次は『下半身の使い方』です。体重移動や重心の掛け方など、下半身の使い方は少しコツが必要です。
外野フライ打ち方とコツ
ノックの基礎知識を習得し、実践的なノックの打ち方に入ってきました。『バットの軌道』の次はいよいよ『外野フライ』です。打球が飛ばずに外野フライが打てない指導者の悩みを解消。
「ノックがチームを強化する」Disk1の対談
Disk1の対談の最後には初芝清氏と前田忠節氏の対談が収録されています。この対談ではノックに対して奥深い話をしていますが、指導者としての難しさと喜びを感じる事ができます。
内野フライ打ち方とコツ
実践的なノックの技術として『内野フライ』になります。『内野フライは』外野フライと少し異なり、トスの位置や体重移動が変わってきます。ただし、軽く打つと言う事は共通してます。
キャッチャーフライ打ち方とコツ
フライの中でも最難関が『キャッチャーフライ』です。ノックが苦手な指導者で、キャッチャーフライが特に苦手だと言う人が多いのも仕方がありません。キャッチャーフライに関してはいきなりできるようになれるとは思えません。徐々に習得するよう練習していきます。
シートノックやり方とコツ
ノックの実践的な技術『シーノック』になります。シートノックになるとノックの技術と言うよりも選手を上達させる技術になります。優秀な内野手の育成に直接関係する技術です。
声出しの仕方
ノック上達の心得としての『声出しの仕方』です。短いセクションですが、とても重要な事を話しています。これはもう、指導者としての資質とレベルの話になってくるので、是非ご覧になって考えて頂きたい内容です。
ノックの精度を磨く
『ノックの精度を磨く』のセクションは短いセクションです。選手では無いので練習ドリル的な事ではなく、これまでのノックの技術を練習する事で習得に至らせる事が目的です。
『基本から応用へ』Disk2の対談
ついに終盤のDisk2の対談です。初芝清氏と前田忠節氏が、ノックの基礎技術の大切さと応用についての事、ノックバットの3種類用意し、経常の違いとその特徴を解説しています。またノックバットを使いこなす重要性も話しています。